鍵紛失した人は大家と管理人に伝えておかないと

マンションの鍵紛失~どう対応する?~

男女の作業員

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる人は、鍵紛失をした時に自分で勝手に合鍵作成や鍵交換をしてはいけません。

大家や管理会社への報告は必須

マンションの鍵を失くした場合、大家や管理人への報告は必要ですか?
鍵紛失をした際は、必ず大家や管理人に報告しないといけません。落とした鍵が悪用される危険性があり、鍵穴ごと交換しないといけないので報告する必要があります。合鍵を作るということは、同じ鍵が複数あるということですから防犯効果が低くなります。また、勝手に作っても鍵番号を確かめたらすぐに気づかれてしまうでしょう。そうなると、その部屋を出ていく時に原状回復のために費用を請求されてしまうのです。ですから、鍵紛失をした時は忘れずに大家か管理会社に報告しましょう。

管理人と相談をして業者を選びましょう

鍵紛失をした時に修理業者に連絡する前に、管理人にまず報告します。マンションによっては電子錠を取り付けてある所があるため、管理人に伝えないと修理業者は中に入れません。また、入居者の代わりに管理人に修理業者に連絡してもらう際は、ちゃんと報告しないとトラブルに発展する可能性が高くなります。このような問題を避けるためにも、管理人に報告を忘れないようにしましょう。管理人は、鍵修理の際にどの業者なら信頼できるか把握しているので、報告する際に修理業者について教えてもらっても良いでしょう。

そもそも鍵紛失をしないように要注意

鍵紛失を防ぐためには、鍵を落とさないようにすることが1番です。鍵を落としそうで不安な人は、紛失防止のアイテムを鍵につけてみてください。

ブザーやアラームで鍵紛失防止

紛失防止のアイテムの中には、ブザーがなる商品があります。キーホルダーと本体のセットになっている商品で、本体のボタンを押せばキーホルダーからブザーが鳴るという商品です。鍵に付けておけば、万が一落としてもブザーが鳴りますから発見できます。他にも、本体とキーホルダーが離れてしまうと自動的にアラームがなって伝えてくれるアイテムもあるのです。本体から3m離れてしまうと、本体とキーホルダーの2つから音が鳴ります。ですから、すぐに気づくことができるのでこれらを付けて紛失防止をしてください。

TOPボタン