バンピングを防ぐためにも鍵紛失した時に交換を

バンピング対策をして侵入窃盗から自宅を守ろう

家の模型

バンピングはシリンダー錠の種類であれば、簡単に侵入されてしまいます。シリンダー錠の中にはバンピングされやすい種類がありますので気をつけてください。

衝撃を与えるだけで解錠できる

鍵穴にはシアラインという、鍵の下ピンと上ピンが揃う境目があります。このシアラインが揃わないと解錠はできません。バンプキーを鍵穴に指して鍵に衝撃を与えると、下ピンに衝撃が伝わりシアラインが揃っていない状態でも鍵が回ってしまうのです。数回衝撃を与えるだけで鍵を回せますし、慣れている人ならば1回で解錠可能です。

「ピンシリンダー」はバンピングで解錠されやすい

バンプキーを使用するバンピングは、シリンダー錠だと狙われやすいです。シリンダー錠の中でも、ピンシリンダーはバンピングされやすいので気をつけてください。ピンシリンダーとは、鍵の一方向だけに刻みがあるという特徴があります。中にはピッキング対策のために、刻みの多いピンシリンダーも増えているのですが、ほとんどの鍵穴のピンが一方向のみのものです。そのため、バンプキーを使って衝撃を与えれば簡単に解錠できてしまいます。

バンピング対策になるシリンダーがある!

バンピングで鍵を開けられないようにするには、この手口では開けられないような鍵と交換します。バンピングに強い鍵には、次のような種類があります。

バンピング対策になるシリンダーはありますか?
バンピングに強いシリンダー錠には、ロータリーディスクシリンダー錠があります。このシリンダー錠の構造は、ロッキングバーという部品が鍵を回せないよう固定しているのです。正しい鍵をさせば、固定が解けて鍵を回せます。そのため、バンプキーをさそうとしても入りません。入らなければバンプキーに衝撃を与えることができず、バンピングはできなくなります。ロータリーディスクシリンダー錠には特徴があって、ピッキングしづらいということです。空き巣対策に最適ですから、鍵紛失した場合はこの鍵との交換をおすすめします。
TOPボタン