鍵紛失をした人はバンピングされないような鍵と交換

鍵紛失したら焦らず業者に連絡

鍵

鍵紛失をしてしまうと、ほとんどの人が焦ってしまいます。落とした鍵を利用して、空き巣が自宅に進入する可能性が高いです。

鍵紛失による被害~侵入窃盗~

鍵紛失をした場合、拾った鍵を交番や警察署に届けてくれる人もいます。ですが、中にはそのまま悪用する人も多いです。その鍵を利用すれば、簡単に自宅の中に入り込めますから鍵をかけても意味がありません。空き巣に拾われてしまうと、盗難被害を受けてしまうでしょう。また、侵入した時に家に帰ったせいで傷害事件に繋がる危険性もあります。鍵紛失によって、このような被害が予想されますから合鍵を作るだけでなく、鍵交換も行なうことが重要です。

鍵紛失したらまずは探そう

鍵紛失をした場合は、慌てずにその日の行動を振り返ってください。立ち寄った場所や通っている道で落としているはずです。職場やトイレ、着替えを行なった更衣室などで落とす人が多いです。他には車の中や、駐車場や駐輪場などの場所も探してみましょう。また、一つのポケットに鍵だけでなく、ハンカチや携帯電話を入れている人は、それらを取り出した時のことを思い出す必要があります。その時に落ちている可能性が高いです。時間が経てば経つほど発見が難しくなりますから、鍵修理業者に依頼して開けてもらいましょう。開けてもらうだけでなく、鍵交換をしておけば問題ありません。

錠前技師や防犯設備士があるか資格をチェック

鍵紛失をした際は修理業者を呼んで作業を依頼しますが、依頼する際にどの業者を選べばいいのか迷ってしまいます。業者を選ぶ際は、次のような資格を持っているスタッフが対応するか確認してください。

錠前技師とは
高い解錠技術を持っている業者を選ぶ時は、錠前技師という資格を持っているかで判断します。この資格は日本錠前技師協会から認定された人だけが所有して、所有していれば高い技術を持っていることの照明になるのです。この資格を持っているスタッフならば、複雑な構造をしている鍵でも難なく解錠可能です。
防犯設備士とは
防犯対策のために鍵交換を依頼したい人は、防犯整備士という資格を持っている業者に依頼することをおすすめします。防犯に関する知識や、最新の防犯対策を行なう技術を所有しています。専門家ですから、その家に最適な鍵を紹介するので安心です。

昨今の不正解錠方法

次世代の不正開錠法~バンピング~

空き巣が家の中に侵入する手口の中には、バンピングという方法があります。このバンピングとは、どのような方法で解錠するのか紹介します。

バンピングは誰でもできる怖い手口
バンピングは、バンプキーという特殊な鍵を使用して解錠する方法です。特殊な鍵山をしていて、これを鍵穴に入れて開けるという手口です。バンピングはピッキングのように、複雑な解錠ではなく練習せずに簡単に開けられるという特徴があります。
マンションやアパートは狙われやすい
バンピングで侵入された場合、鍵穴付近に傷跡が残らないためどのようにして開けたのか特定が難しいです。また、マンションやアパートは似たような鍵を使用しています。そのため、1部屋侵入されると他の部屋にも侵入可能ということになります。

バンピング対策は今後必要

バンピングを防ぐためには、バンピングされにくい鍵穴と交換する必要があります。他にも、補助鍵を取り付けて入りにくい家にしましょう。補助鍵は、鍵穴のないものを取り付ければ侵入は困難です。防犯対策をしていることをアピールすれば、空き巣はその家を避けるようになります。

TOPボタン